ロケツーリズム協議会
成功事例が導く観光客UPの秘訣。映画・ドラマで、まちが変わる!

《愛知県蒲郡市》ロケの炊き出しをきっかけに、“日本一”の名物うどんが誕生!

ロケの炊き出しで提供したグルメが脚光を浴びて“日本一”になった事例がある。愛知県蒲郡市の「ガマゴリうどん」だ。同市の面する三河湾は全国的に有名なアサリの産地。そのアサリを使ったうどんが、オール蒲郡ロケで撮影された映画『ガマゴリ・ネバーアイランド』の炊き出しで地元の漁師たちからふるまわれたところ、スタッフ・キャストから絶賛された。このうどんは後に改良が重ねられ「ガマゴリうどん」として、2013年の「全国ご当地うどんサミット」と2014年の「全国まるごとうどんエキスポ」で、グランプリに輝くことになる。

ロケのおもてなしが生んだ新名物

蒲郡市のロケ対応には、地元の有志の町おこしグループ「ガマゴリ・ら」があたっている。ロケをシティプロモーションの手段の一つとして考え、撮影で訪れたスタッフ・キャストに対しても地元の魅力を伝えたいという思いが、前述の炊き出しの発端となった。

「ガマゴリうどん」はアサリの出汁とワカメの潮の香りで旨味の効いたご当地うどん。殻付きのアサリも載って見た目も豪華だ。日本を代表するうどんの大会で2冠に輝き、その勢いは留まるところを知らない。「ガマゴリ・ら」が地元のメーカーと共同開発したギフトセットは、モンドセレクション2016で金賞を受賞。名実ともに“日本一”のご当地うどんとなった。

ロケもグルメもルールが大切

蒲郡市のロケ地情報は、ロケ地検索サイトとロケ地情報誌で情報発信が行われている。ロケ誘致・活用の専門講師のレクチャーの下、問い合わせ時には詳細なヒアリングシートを用いて撮影隊の要望を確認、撮影決定時には撮影規約書を用いてトラブルを予防する工夫がなされている。このようなルールの徹底をグルメにも適用させた。

それが、ガマゴリうどん五箇条の定義だ。「アサリは原則として三河湾産を使用し、一人前に五個以上提供すること。ただし、量が少ない場合はその理由を伝えること」などの条件を全て満たしたうどんを提供する店舗を、「認定店」としてホームページで公開している。このように蒲郡市の“おもてなし”は、常に高い質が保たれている。

【成功ポイント】

○官民一体となった地元有志によるロケ対応専門組織「ガマロケ隊」の結成!

◯炊き出しなど、撮影隊の“おもてなし”

○ヒアリングシートによるマーケティング。事前トラブル回避のための規約書を用いた組織的な対応

○炊き出しをきっかけにした、エンタメ色を活かした新名物の開発