ロケツーリズム協議会
成功事例が導く観光客UPの秘訣。映画・ドラマで、まちが変わる!

ロケツーリズムとは
「映画・ドラマのロケ地を訪ね風景と食を堪能し、人々のおもてなしに触れ、その地域のファンになってもらうこと!」

ロケツーリズム協議会がめざすこと

ロケツーリズムによるシティセールスとインバウンドの確立

「映画・ドラマのロケ地を訪ね風景と食を堪能し、人々のおもてなしに触れ、その地域のファンになってもらうこと!」。
ロケツーリズムは、観光地と呼ばれる場所をただ楽しむだけでなく、
映画やドラマのストーリーを味わいながらさまざまな町の様子を楽しみ、
地域と触れ合うスペシャルな旅の体験を軸にしています。

映画『ローマの休日』でイタリアのローマに多くの観光客が訪れ、それをきっかけに、
まちのファンになる人が多くいるように、「ロケ地」を観光資源として活用し、
地域の活性化(「経済効果」)に繋げることに取組んでいきます。
また、ストーリーのある観光地の造成として、国内における「ロケ地行楽度の向上」・
「ロケ支援度の向上」を図り、旅行客向上(2020年までに訪日観光客4000万人)を
目指します。

主な取り組み

(1)「ロケ誘致から観光へ」クラス別セミナー等、人材育成
   【3種の神器】ロケナビゲーター/【権利処理】ロケエディター/【映画作り】ロケプロデューサー
(2)映像制作者とのマッチング
   地域を巻き込んだ映画作り
(3)LTC認定制度
   ロケ地、ロケ受入れ団体としての信頼の向上

LTC認定制度について

ロケツーリズムの取組みを行ううえで、撮影の誘致で終ることなく、誘致後の情報発信から作品の権利処理など、観光やイメージアップに繋げるための施策が地域や施設の事例とともに、セミナー・GWでノウハウを学ぶ。下記3クラスに分かれ、全5回のロケツーリズム協議会セミナーに参加し、撮影実践が1件以上ある地域施設で、認定試験に合格した方に認定書、LTCマーク(認定マーク)、ロケツーリズムマニュアルを授与。

●ロケナビゲーター(初級編)

→ロケ誘致・現場対応(3種の神器)

●ロケエディター(中級編)

→認知度・観光客アップ(行楽度)

●ロケプロデューサー(上級編)

→住民からの支持(経済効果)

>>LTC認定マークとは?

入会方法

ロケツーリズム協議会では、会員(正会員、賛助会員)を募集しています。年会費・受講料については下記の(2020年度のロケツーリズム協議会)概要をご覧ください。ご入会は「入会申込書」と「会員規約確認書」にご記入ご捺印の上、事務局へご郵送ください。

一般社団法人ロケツーリズム協議会【概要】

LTC認定団体2019年度

北海道上富良野町 / 北三陸「あまちゃん」観光推進協議会 / 行田市観光協会 / 埼玉県新座市 / 千葉県茂原市 / 千葉県いすみ市 / 調布狛江日の出町連携フィルムコミッション / 神奈川県綾瀬市 / 長野県千曲市 / 岐阜県飛騨市 / 静岡県 / 静岡県下田市 / 若狭湾観光連盟 / 島根県フィルムコミッションネットワーク / 愛知県蒲郡シティセールスプロジェクト「ガマゴリ・ら」 / 愛知県幸田町 / 岡山県・岡山県フィルムコミッション協議会 / 長崎県島原市 / スポーツクラブNAS西日暮里 / デイ・ナイト株式会社 / 大和リゾート株式会社 ロイヤルホテル長野 / 株式会社リーガロイヤルホテル東京 / リビエラ逗子マリーナ / リビエラ東京 / The Place of Tokyo

2020年3月現在 ※敬称略・順不同